製品活用例

頼れるドライブアシスタント - 高解像度USBカメラが、運転支援システムの開発に役立っています

2006年、ドイツ国内の交通事故による死者は5000人を超えました。最も多い事故原因は危険な車線変更で、十分な車間距離を取らず に車線を移動して接触するというものです。この結果を受け、自動車業界ではブレーキアシストや車間距離制御システム、車線維持支援システムなどの自動制御 装置の開発に力を入れています。こうしたシステムはドライバーの操作を肩代わりするものではなく、運転をサポートしたり路上の安全に貢献するためのもので す。「CANape」は計測、キャリブレーション、診断を行うツールで、Vector Informatik社がシステム開発を支援しています。また、IDSのUSBカメラも物体検出アルゴリズムの検証システムに役立っています。

戻る