製品活用例

3D カメラでピックアンドプレース

ピックアンドプレースアプリケーションの自動化は、3D 画像処理にとって欠かせないスキルです。高速で確実な部品の検知が、ロボットによる処理プロセスを解決する基礎となります。
 
ミュンヘンを拠点とする企業、Magazino が、Ensenso N10 ステレオ 3D カメラを薬局のピッキングシステムに導入しました。これにより、整頓されていない医療品パッケージから箱から選び出して、自動的に保管できるようになりました。このシステムでは、最大 15,000 個の医薬品パッケージを、システムの高さに応じてほんの 7 平方メートルの面積に収めることができます。

戻る