製品活用例

最も重要なのは位置 - 5メガピクセルのUSBカメラが、レーザー技術の精密作業をサポート

光線を道具にする?つい20年前には考えられなかったことです。しかし、現代は多くの製造工程で効率や融通性、それに環境適合性が向上したこともあり、 レーザー技術の応用範囲はますます広がっています。その一例となるのが、永続・非接触での部品の刻印作業です。ドイツ ノルトライン=ヴェストファーレン州の最も歴史あるレーザー技術専門企業、Winter社ではレーザーを利用した精密加工および計測技術のための機械を開 発・製造しています。製品の主要な適用分野はカーコンポーネントのレーザー彫刻やレーザーアブレーションです。一寸の狂いもない精密な彫刻を行うため、 Winter社ではIDSのUSBカメラ「uEye」の長所と画像処理ツール「HALCON」のエレメントを組み合わせた専用ソフトウェアを開発しまし た。

戻る