製品活用例

過酷な作業環境で最高の精度を実現 - 自動微粉砕システムに使用される、画期的なロボットハンドと高解像度カメラ

高速で回転しながら、鋼の塊の中に入っていくフライスの先端。その刃先は、いともたやすく鋼鉄の表層を切り落としているように見えます。次の作業では特殊 ドリルが穴をあけ、エンジンブロックへと仕上げられていき、主な作業はインサートを交換しながら行われます。こうした精密部品は細やかな工程を経ながら製 造、研磨、塗装が行われます。ドイツ南部にあるROBOWORKER社は、このようなインサート製造用のオートメーション技術を専門に扱う企業です。ロ ボットハンドの制御に必要な高解像度画像は、IDSの「uEye®」シリーズが提供しています。

戻る