THE NXT BIG THING - Redefining industrial cameras - App your camera®!

IDS NXT rio & rome

標準産業用カメラのハウジングに収容されたインテリジェントカメラ

IDS NXT rio

IDS NXT vegas と同様、この 2 つの新しい IDS NXT カメラファミリーには、柔軟性に富み、多岐にわたる用途範囲という特徴があります。機能完備の標準産業用カメラで、ビジョンアプリを活用して、必要に応じてユーザーが機能範囲を拡張し、修正できます。強力なハードウェアとソフトウェアで、組み込みソリューションとしても使用できます。この場合、画像処理はカメラ (「エッジ上」) で部分的または全面的に実行されます。これにより、帯域幅と計算負荷が削減されます。

アプリベースの原則によって、これらのカメラはスマートフォンと同レベルの汎用性を備えています。ビジョンアプリによって、ユーザーはどの画像処理タスクを実行すべきか、すばやく柔軟に判断できます。タスクの例として、コード、文字またはナンバープレートの読み取り、顔認識、表面の異常または傷、物体の検出、計測、係数、識別などが挙げられます。反復するビジョンタスクをセットアップして、すばやく変更できます。カスタマイズしたソリューションの実装も、アプリ開発キットを使用すると非常に簡単です。ユーザーは独自のビジョンアプリをほんの数ステップで作成して、IDS NXT カメラにインストールして実行できます。アプリに応じて、結果または信号をマシン制御装置に直接提供するか、前処理済みデータで PC ベースのアプリケーションをサポートします。

内蔵 ANN アクセラレーターを使用して、ニューラルネットワークもカメラ上で直接実行できます。FPGA ベースの AI アクセラレーションで、推論時間を数ミリ秒に短縮できます。再プログラミング可能な内蔵 ANN アクセラレーターは、持続性、低い固定コスト、短い市場投入期間という点で、さらなる利点があります。人工知能を、従来のように PC、またはクラウド、組み込みビジョンカメラで実行するかユーザーが自由に選択できます。これにより、画像データが提供されるだけでなく、直接評価されます。この場合、画像分析は分散された実行されるので、転送時の帯域幅のボトルネックは発生しません。このような「サイバーフィジカルコンポーネント」の分散とネットワーク化により、直接プロセスデータを「モノのインターネット」(IoT) の原則に従って利用できるようになり、産業生産プロセスの自動化と処理速度が持続的に上昇します。

「Smart GenICam」には、まだ他にも利点があります。ユーザー自身がプログラムしたカメラ機能に、GenICam 準拠のサードパーティアプリケーションでアクセスし、実行できます。それでもデバイスは、ギガビットイーサネットのフル速度で画像データを転送できる機能完備で標準準拠の産業用カメラであることに変わりありません。

IDS NXT 産業用カメラは、PLC およびその他のマシン制御装置と直接通信できます。1.3 MP から 5 MP でさまざまな CMOS センサーにオプションで装備されます。今夏にはその他のセンサーが発売予定です。

2019 年 5 月より IDS NXT rio および rome がデザインインサンプルとして発売されます。デザインインサンプルの機能は特定の範囲に制限されています。各種の保護、センサー、Smart GenICam または人工知能のバリエーションから選択できます。弊社の営業チームが、適切なカメラモデルの選択をお手伝いします。

その他の特徴:

  • 多彩な CMOS センサー
  • C マウントで光学機器を自由に選択
  • 組み込みビジョン向け HALCON のランタイムライセンス
  • オンボード処理用デュアルコア CPU、1.3 GHz
  • FPGA テクノロジーによる柔軟な CPU サポート
  • 保護クラス IP30 (IDS NXT rio)
  • 保護クラス IP65/67 (IDS NXT rome)
IDS NXT rio & rome

その他の特徴:

  • GigE ネットワーク接続
  • シリアル RS232 インターフェース
  • REST Web インターフェース
  • PoE および外部電源 DC 12-24 V
  • RJ45 GigE コネクター (IDS NXT rio)
  • M12 丸型プラグコネクター (IDS NXT rome)
IDS NXT rio & rome - back view

ダウンロード