<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="1.1" id="ids-vision-channel2" x="0px" y="0px" viewBox="0 0 190 290" width="190px" height="290px" style="enable-background:new 0 0 18.9 29;" xml:space="preserve"> <rect x="0" y="236" class="st0 row1a" width="70" height="54"/> <rect x="0" y="121" class="st0 row2a" width="70" height="54"/> <rect x="0" y="0" class="st0 row3a" width="70" height="54"/> <rect x="86" y="236" class="st0 row1b" width="35" height="54"/> <rect x="86" y="121" class="st0 row2b" width="35" height="54"/> <rect x="86" y="0" class="st0 row3b" width="35" height="54"/> <rect x="138" y="236" class="st0 row1c" width="18" height="54"/> <rect x="138" y="121" class="st0 row2c" width="18" height="54"/> <rect x="138" y="0" class="st0 row3c" width="18" height="54"/> <rect x="172" y="236" class="st0 row1d" width="18" height="54"/> <rect x="172" y="121" class="st0 row2d" width="18" height="54"/> <rect x="172" y="0" class="st0 row3d" width="18" height="54"/> </svg>

IDS Vision Channel

弊社の知識を共有

ライブセッションと交流

「知識は共有すると増加する」。このモットーに従い、デジタル産業用カメラの大手メーカーの 1 社として、IDS の専門知識を無料で、新たなプラットフォーム上で利用できるようにしました。 #IDSVisionChannel には、定期的なオンラインイベントや、カレンダーやライブチャットなどの便利なツールに加えて、メディアライブラリ、過去のイベントの録画やその他の専用コンテンツも用意されています。

講演者は、IDS のさまざまな部門から選出されています。さらに、テーマに応じて IDS ソリューションパートナーまたはスタートアップ企業からゲストを招聘します。オンラインセッションの間またはセッション後に、エキスパートが質問に対して個別に回答します。

各イベントは 2 回以上開催されるので、どのタイムゾーンからでもライブで視聴できます。今後のすべての日程は、IDS Vision Channel カレンダーで確認できます。掲載されていないトピックをご希望の場合は、弊社までご連絡ください。皆様からのご意見を歓迎いたします。

カレンダー

  • 今後のすべてのオンラインイベントの日程を一覧、フィルターオプションあり
  • 内容、講演者、経験レベルなど、イベント情報を掲載
  • クリック 1 つでセッションを予約、管理

Q&A

  • 製品管理から R&D、経営管理までを網羅
  • セッションの間またはセッション後に、IDS のエキスパートが質問に回答
  • (ビデオ) チャットを通じた個別のデジタル意見交換

メディアライブラリ

  • ライブイベントの終了後、すべてのセッションの録画を公開
  • 予約済みイベントと主なトピックのプレイリストを表示
  • 追加の専用コンテンツで知識を強化

交流

  • 国際的なマシンビジョンコミュニティ向けの交流の場
  • 仮想テーブルを囲んだ小規模グループでの議論
  • IDS のエキスパートに直接アクセス

今後のオンラインイベント

以下のようなトピックを予定しています

Ensenso 3D カメラによる制限のない 3D ビジョン

ハンドリング、生産、物流、検査に対するマシンビジョンおよびロボットビジョンにおける多数の用途は、3D 画像処理を使用せずには実現できません。このセッションでは、Ensenso 製品のテクノロジー、主な機能とメリット、主要な用途分野について紹介します。

講演者: Dr. Martin Hennemann, Product Manager 3D Imaging & SW Solutions

エッジベース AI 推論向けの CNN アクセラレーション

スマートフォン、ロボット、ドローン、セキュリティカメラ。こうしたすべてのデバイスには近い将来、何らかの形の AI 処理が必要になります。画像処理デバイス上で推論を実行するようになれば、さらに画期的な用途が実現します。ここでは、ハードウェアのオプションと相互の違いについて説明します。

講演者: Prof. Dr. Rastislav Struharik, AI Specialist

価格重視の製品にカメラを選ぶ方法

ボリュームの大きなプロジェクトで、カメラのコストが占める割合が大きいとき、最適な製品を見つけ出すのは困難な場合があります。必要な機能の数が、ハイエンドカメラがサポートする範囲よりもはるかに少なくなることも多々あります。このセッションでは、予算を無駄にすることなく、最適な産業用カメラを選ぶための推奨事項を説明します。

講演者: Jürgen Hejna, Product Manager uEye Cameras

ハウツー:AI と 3D ビジョンによるスマートピッキング

さまざまなサイズ、形状、品質の物体を、ロボットで受け渡したり配置したりするには、把持するだけでなく、物体を事前に特定して分析できなければなりません。これには一定レベルのインテリジェンスが必要です。この課題を IDS の製品で解決する方法を紹介します。

講演者: Patrick Schick, Product Marketing Manager

ハウツー:ロボットビジョンによるピックアンドプレース

「ピックアンドプレース」は、ロボット工学でも難易度がもっとも高いタスクです。異なる課題に対して、分野のテクノロジーを組み合わせています。ここでは、さまざまな用途でピックアンドプレースを使用する方法、必要となるコンポーネント、特に注意が必要な事項について説明します。

講演者: Adrian Mayer, Area Sales Manager

OPC UA が AI をフィールドレベルに導入

マシンビジョンシステムの精度は向上し、動作はインテリジェントになっています。では、この機能を産業用途に統合するには、どうしたらよいのでしょうか。IDS NXT 組み込みビジョンシステムの OPC UA サーバーによって、少ない労力で、ハードウェアを増設することなく、アプリケーションのノウハウをファクトリーオートメーションにデプロイできることをご紹介します。

講演者: Rob Webb, Product Sales Specialist

IDS Vision Channel

今すぐイベントを予約してください!

マシンビジョンコミュニティを強化するトピックについて知見を得られます。今すぐご登録ください。料金は不要で、IDS のエキスパートのノウハウを活用できます。