Linux 組み込み IDS 産業用カメラ

最新のトレンド

手頃な価格の ARM ベースのシングルボードコンピューター

シングルボードコンピューターとは、動作に必要なすべてのコンポーネントが、単一の回路基板に配置されているシステムです。ARM ベースのマイクロプロセッサーチップは、世界で最も普及しているマイクロプロセッサーの 1 つに数えられています。

ARM アーキテクチャ (Advanced RISC Machines) がもたらす、低消費電力要件や高性能といった多数の利点によって、まったく新しいマシンビジョン技術が誕生しました。

1 つのドライバー

無数の可能性

Odroid、Beaglebone、Freescale i.MX6 などの ARMv7 Cortex-A 搭載組み込みボード向けおよび Raspberry Pi 向けのドライバーが、IDS 産業用カメラで利用できるようになりました。

別のアーキテクチャを希望する場合は、ご要望に応じて弊社がカスタムソリューションを開発します。

Armadillo-840 とIDSのUSB 2カメラ

非常に良い組み合わせ

1997年に創立された株式会社アットマークテクノは組み込みシステムのハードウェアとソフトウェア開発の両方を専門に取り扱っています。Cortex A9 CPU 搭載のArmadillo-840組み込みボードは、IDSのUSB2 LEとUSB2 XSシリーズのカメラモデルに対応しています。Armadillo-840のさらに詳しい情報は、こちらでご確認ください。http://armadillo.atmark-techno.com/armadillo-840