参加団体

IDS は以下の組織および団体におけるさまざまなワークグループの会員およびメンバーとなっています。

VDMA(ドイツ機械工業連盟)は、3,100 社を超える資本財製造会社で構成され、そのほとんどが中規模企業です。ヨーロッパで最大規模の産業団体となっています。

詳細はこちら >>

Blue Competence は、VDMA での持続性に関する取り組みです。400 社のメンバーが、資源とコスト効率、環境面および文化面での責任について議論し、顧客、サプライヤ、従業員との敬意を持った対応についても検討しています。

詳細はこちら >>

Global Association for Vision Information (AIA) は、世界最大規模のビジョンおよび画像のグローバル協会です。32 か国の 330 を超える参加企業が交流する AIA は、ビジョンおよび画像処理の重要な情報源です

詳細はこちら >>

技術委員会の一員として、弊社は USB3 Vision 通信規格の普及に取り組んでいます。USB3 Visionは、マシンビジョン分野における個別の用途にも汎用的にも利用できます。

詳細はこちら >>

日本インダストリアルイメージング協会 (JIIA) は、産業用画像処理の技術革新を育成する、日本を拠点とする組織です。JIIA は、日本で国際規格を実装し、日本製品をグローバル市場に普及させることを目指しています。

詳細はこちら >>

UK Industrial Vision Association (UKIVA) は、英国内の製造業における画像処理技術の使用を促進しています。その活動の最たるものとして、問い合わせが合った場合、すべての会員に関する情報を、事実に基づき平等に提供しています。

Mikrocentrum は、知識獲得と人材交流を目的とした組織で、トレーニング、イベント、メンバーへのビジネス情報の提供を通じて、産業界の企業をサポートしています。従来、ベネルクス向けに活動していましたが、その他の国々から参加する企業が増加しています。