インテリジェントな画像処理で、インダストリー 4.0 アプリケーションにおける生産担当者をサポート

支援を自動化

インテリジェントな画像処理で、インダストリー 4.0 アプリケーションにおける生産担当者をサポート

自動化はインダストリー 4.0 の主要な要素です。コスト削減、生産性の増加、欠陥ゼロ品質という要因により、企業に対するプロセスデジタル化の要求はますます高まっています。しかし、全面的に自動化するには高額な投資がつきものです。同時に、人と機械との関わりにおいては、今後も人間が優先されることに変わりはありません。熟練した作業員の慢性的な不足や産業上の安全性の高い基準を鑑みると、これは企業にとってたやすいことではありません。

多数のバリエーションと複雑な作業とプロセスに、厳しくなる品質要件が加わり、効果的なプロセス最適化を求める声が高まっています。ドイツの企業 Optimum datamanagement solutions GmbH は、支援システム「Clever Klaus」を搭載したスマートソリューションを開発しました。

統合が簡単なカメラベースの支援システムで、デジタル化を使用して手動の検査プロセスを最適化し、シンプルにします。IDS の高解像度 USB3 産業用カメラを使用した産業用画像認識とインテリジェントなデータベースを組み合わせ、支援システムは各ステップを認識し、全組み立てプロセスを通じてリアルタイムで従業員を支援します。