IDS NXT で部品の配置を確認

IDS NXT で部品の配置を確認

光沢のある金属部品の検査向けのインテリジェントな品質管理ソリューション

人工知能が、従来の画像処理ではうまくできなかったタスクを処理し、業界の基本原則を打破します。これにより、競争上の優位が実際に生み出されます。たとえば、タイの企業では AI 搭載の IDS NXT 組み込みビジョンプラットフォームを使用して、プラスチック製のキャリア上にある光沢のある金属部品の位置を制御し、時間と資金の両方を節約しています。

更新:現在の市場の状況

一般に、部品の産業検査では、サイズ、位置、向きの検査は、従来の画像処理アプリケーションにとって避けられないものです。そのうえ、プラスチック製キャリアの上にある、光沢のある金属部品を完全に検査するという特殊な課題があります。この課題が検査の中心になります。最初のステップは、合格と不合格の製品を見分けることです。2 番目のステップは、不合格部品を分類することです。バリエーションが多いので、ルールベースのアプローチでは標準に準拠する部品も不合格にあり、不要なスクラップが生成されます。そこで肉眼による追加検査が不可欠になり、プロセスの経済効率が悪化します。

同社は、クラウドベースのトレーニングソフトウェア IDS NXT lighthouse を使用して、インテリジェントな画像処理ソリューションを実装しました。ユーザーは、 AI ベースの画像処理タスク向けのトレーニング画像を管理し、個々のニューラルネットワークを作成できます。これにより、IDS NXT 産業用カメラをユーザー固有の用途に適した推論カメラに転換できます。ディープラーニング、画像処理、カメラプログラミングの特殊な事前知識は不要です。

合格および不合格と分類された製品の特性を学習した後、IDS NXT カメラは検査結果をコンピューターを経ることなく直接、使用している三菱製マシン制御 (PLC) に送信します。LED ライトを照明として使用し、毎秒 3 点の部品という検査速度をこの方法で達成できます。推論カメラの的中率は高く、人間による追加検査は不要になりました。効率向上とコスト削減の両方をインテリジェンスによって実現しています。