ユーザーフレンドリーな構成キットとしての AI Vision

AI ベースの画像処理は、さまざまな分野における多数の企業の競争力を向上させます。最初の用途をすでにテストして実装した企業は、どれだけ迅速に良い成果を達成できるかに強い関心を寄せています。しかし残念ながら、AI ビジョンはまだ全面的には使用されておらず、完全に普及していません。それは、謳われているほど (まだ) 直感的でも使いやすくもないからです。さらに、適切なトレーニングデータの準備には、ニューラルネットワークがこのデータからどのように総合的な結論を計算し、この結論をどのように評価するかについて、基本的に理解している必要があります。必要とされる専門知識がなければ、この作業には時間とコストがかかります。