15 周年を迎える IDS USB 産業用カメラ

業界のパイオニアとしての精神で成功する

15 周年を迎える IDS USB 産業用カメラ

2004 年 4 月、USB インターフェースを搭載した IDS 初の産業用カメラが発売されました。当時、USB インターフェースは産業用途には不向きだと考えられていました。「当初、私たちは嘲笑の的でした」と、創業者の Jürgen Hartmann は思い起こします。「しかし、私たちは USB を産業用途に適したものにしました」 これが発端となり、IDS はこのテクノロジーを高性能デジタル産業用カメラに早期段階で取り入れたパイオニアに仲間入りしました。1 年もしないうちに、IDS はアナログフレームグラバーの開発からデジタル産業用カメラの開発へと切り替えることができました。

結果は誇るべきもので、すでに第 3 世代となったインターフェースは、市場になくてはならない存在になりました。これは IDS についても言えます。100 万台以上のカメラを売り上げた IDS は、今や産業用カメラセクターの市場リーダーの 1 社です。2004 年よりもポートフォリオは大幅に拡大し、自ら改革を重ね、お客様の要件の一歩先を常に見据えようと努めています。その軸となるのは目下のところ、ビジョンアプリベースの産業用カメラ IDS NXT です。
 

戻る