カラーセンサーをモノクロセンサーとして使用する

ON Semiconductor 18 MP カラーセンサーの解像度を高める方法

カラーセンサーをモノクロセンサーとして使用する
UI-3590 カメラモデルで使用されている 18 メガピクセルセンサー AR1820HS は、カラー専用センサーとして ON Semiconductor から発売されました。
 
他のすべてのカラーセンサーと同様に、ベイヤーフィルターによって、事実上センサーの定格解像度の 1/4 程度でカラー画像が得られます。これは、カラー情報が隣接する 4 つのピクセルから取得されるからです。ただし、各ピクセルを使用して RAW データ形式 (ベイヤー補間なし) でセンサーを動作させるには不十分です。ベイヤーマトリックスによって、個々のピクセルの輝度について異なる解釈が行われます。
 
カラーセンサーを「完全な」モノクロセンサーとして使用して、解像度を飛躍的に高める方法を紹介します。これには、適正なパラメーター化と適切な光源を使用します。

戻る