VISION 2014 に出展する画期的な IDS 製品

VISION 2014 を目前に、2 つの新型USB 3.0産業用カメラの発売を発表しましたSony IMX174 センサーまたは18メガピクセルのON SemiconductorBSI センサーを搭載した、新しく全面改訂されUSB 3 uEye CP Rev. 2 カメラと、オートフォーカスを搭載した13メガピクセルの産業用カメラUSB 3 uEye XCです。

IDS Machine vision USB3 industrial camera uEye CP Rev. 2

VISION 2014 にて、IDS社は最新世代の USB 3.0 産業用カメラを出展します。IDS社のオールラウンドカメラUSB 3 uEye CP Rev. 2 は、高品質で優れたデザインと高度な製造品質を誇り、Sony製の画期的な IMX174 センサーと ON Semiconductor製の 18メガピクセル または 4K センサーのどちらも利用可能です。Sony製 IMX174 は、特に光感度、ダイナミックレンジ、色再現の点で将来標準を示し、その卓越した新たしい機能と、1 秒間に最高 180 フレームの並外れた高フレームレートを同時に実現します。標準的な産業用サイズ (29 x 29 mm) と、小型ながら非常に堅牢なマグネシウム筐体を採用しているため、産業環境および産業以外の環境の両方で幅広い用途に適しています。特にマルチカメラ用途では、画像メモリにより画像が行方不明になることがありません。 USB 3.0カメラCP Rev.2シリーズは、新しいセンサー機能をすべてサポートする、実績のあるIDSソフトウェアスイートで利用できます。USB 3 Visionに準拠したバージョンも整いつつあります。

IDS Machine vision USB3 industrial camera uEye XC

発売するUSB 3 uEye XCは、13 メガピクセルの解像度とオートフォーカスの機能が付いた初めての USB 3.0 産業用カメラです。USB 3 uEye XC は、実績のある X シリーズ初の USB 3.0 モデルで、顔検出、16倍デジタルズーム、逆光補正、自動ホワイトバランスといった、通常は現代の消費者向けデジタルカメラでのみ利用可能な幅広い機能を搭載しています。そのため、このカメラはアクセス監視やキオスクシステム、物流用途などにおける周辺状況の変化に最適です。堅牢なマグネシウム筐体っとねじ込み式USBコネクタにより、XCを100% 産業用途でお使いいただけます。そして消費者向けカメラと異なり、長期にわたりご利用いただけます。新しいオートフォーカス産業用カメラでは、カメラパラメータの個別設定ができるIDSソフトウェアスイート対応バージョンか、UVC (ホストドライバ不要) バージョンをお選びいただけます

刺激的な新型モデルをぜひご体験ください: シュトゥットガルトで11 4 日から 6日まで開催されるVISION 2014 のホール 1 ブース 1F72 にて。

戻る