VISION 2014:会期終了後も、フェアは終わっていません

IDS, VISION 2014 trade show news

シュトゥットガルトで開催された VISION 2014 に参加できなかった方も、弊社のオンラインのニュース記事ですべての画期的な IDS 製品をご覧になれます。

USB 3 uEye XC は、オートフォーカス機能搭載の Sony 製 13 MP CMOS カメラモジュールをベースにしています。今、Sony の DSLR カメラが初めて産業用途向けに利用できるようになりました。

新世代の USB 3 uEye CP カメラは、実績のある CP カメラファミリーを全面的に設計し直した後継モデルです。IDS の USB 3.0 ポートフォリオのハイエンドとして、デザイン、製造品質、信頼性、パフォーマンスの面で、強化されています。

2015 年初めに、IDS は USB3 Vision サポート付きの uEye ML および LE ファミリーのカメラモデルの量産を開始します。将来的にも使用されるこの新しい通信規格により、マシンビジョン分野での個々の用途にも汎用的にも適合性が確保されます。

IDS Software Suite はライセンス料無料のソフトウェアパッケージで、すべての IDS カメラに対して一貫したインターフェースを提供し、USB 2.0、USB 3.0、GigE uEye カメラが混在した構成でも使用できます。IDS Software Suite は Windows と Linux 向けに、32 ビット版と 64 ビット版の両方が用意されています。

IDS カメラを組み込みシステムで使用するユーザーにとって、さまざまな処理が今後ますます簡単になっていきます。 ARMv7 Cortex-A (Odroid、BeagleBoard、Freescale i.MX6 など) を使って、無料でボード向け標準ドライバーをダウンロードできます。

1.3 MP CMOS センサーが 2 基装備された、ギガビットイーサネットインターフェース搭載のステレオ 3D カメラ Ensenso N20 は、3D 画像処理用途向けの使いやすい汎用ソリューションです。

無料のニュース記事をダウンロードするには、ここをクリックしてください

 

戻る