適応型オートメーション - Ensenso X

自律型ロボットに 3D データを使用

適応型オートメーション -  Ensenso X

最近まで、ロボットは規定の固定経路に従う、「目の見えない」指示待ちの存在でした。

3D データを使用することで、ロボットは特定の状況に柔軟に適応し、周囲の環境に反応できるようになりました。夢が現実になりつつあります。ロボットは自律的な従業員へと成長しているのです。

利点として、設備更新の期間短縮、多種多様な生産対象、シンプルな教示、一貫した高度なオートメーションによる簡単なパーツフィーディングが挙げられます。

戻る