新たな波を起こすアプリケーション

IDS の USB 3 カメラによる波動力学の研究プロジェクト

IDS の USB 3 カメラによる波動力学の研究プロジェクト
波は、海岸形成において中心的な役割を果たします。海岸の地形の構成には、波の生成と移動が中心的な要因になります。LEGI (Laboratoire des Ecoulements Géophysiques et Industriels à Grenoble) はこのテーマを専門としています。同機関の研究者は、波同士のエネルギー交換について詳しい知識を取得するため、特に干潟における波動力学を研究しています。目的は波浪気象学の発展です。
 
この学問は海運業にとって直接的な重要性がありますが、長期的には、気候変動の影響のシミュレーションにも役立ちます。
 
LEGI は特別に建設された長さ 36 m で幅 50 cm の造波水路を使用しています。この規模の観察には、長さ全体にわたって波形を記録するため、特に視界が広いカメラが必要です。
 
LEGI はフランスの企業 R&D Vision に、適切なカメラシステムの統合を依頼しました。ソリューションとなったのが、8 台の同期された IDS USB 3 UI-3060CP Rev. 2 カメラによる、マルチカメラアプリケーションでした。
 

戻る