気象調査を支援する USB 3 UEYE CP カメラ

海底を調査

海は、地球上のグローバルな気候変動に対して中心的な影響力を持っています。海洋生物やそのコミュニティの構造を水中および海底で調べることで、将来の気候の動向について重要な情報を得られます。これは自然現象による変動のみならず、人為的に生じる変動についてもあてはまります。
 
GEOMAR Helmholtz Centre for Ocean Research Kiel (ドイツ) は、ヨーロッパにおける海洋調査の第一線にある機関です。同機関では、海中での化学的、物理的、生物学的、地質学的なプロセス、および海底および大気との相互作用を調査しています。

このため、同機関では AUV (自律型無人潜水機) AEGIR を開発しました。潜水機には 4 台のドライブ、各種のナビゲーションセンサー、そして IDS の産業用 CMOS カメラが搭載されています。このカメラはワイヤレスで海中を最高 200 m まで潜水して海底写真を撮影できます。
 
たとえば海中にある海藻の群生を継続的に観察して、成長率、種の発現、イガイの発生数の変化を調査します。

もっと読む...

戻る