IDS がサポートするチームが勝利

Bayer Digital4Eyes 大会

JigLabs - Bayer Digital4Eyes 大会

4 か国の合計 6 チームが決勝に臨み、Digital4Eyes の課題の解決に取り組みました。今年の課題は、画像認識でした。参加者は 3 か月間で、ライフサイエンスの工程に対して実際に機能する技術、先端テクノロジー、オートメーションを開発しました。審査員の声明では、大会参加のレベルの高さを強調しています。

「審査員は、国際的で熱意にあふれる多数のチームに感銘を受けました。最先端の技術が、アプリケーションに適したモバイルソリューションに満載されていました。特に、AI を活用したコンピュータビジョンアルゴリズムは、卓越した汎用性と精度を達成しています」

Bayer Digital4Eyes 大会の勝利チームは、出展するソリューションを開発し、IDS の USB 3.1 Gen 1 カメラでトレーニングさせました。専用の人工知能モデルを作成したフィンランドの JigLabs との今後のコラボレーションを非常に楽しみにしています。とりわけ印象的だったのは、JigLabs がパートタイムで課題に取り組んだ唯一のチームだったことです。

開発者は、ベルリンの Cube Tech Fair 2018 でテクノロジーを披露しました。このイベントにより、業界の大手企業とスタートアップ企業とのプロジェクトを促進することで、スタートアップ技術で最も重要な産業を世界的に広めることになりました。JigLabs の場合、40,000 ユーロの賞金を手にしたことに加えて、Bayer が同社の施設内で一定期間内に、勝利を収めたソリューションを実装する方法を模索し始めたことで、明るい未来が拓けました。

戻る