短いサイクル時間でのビン ピッキング

Ensenso3Dカメラは、新たな基準を設定します

Ensenso Stereo 3D

IDS社製Ensensoステレオ3Dカメラは、ロボット ビジョン アプリケーションの産業ソリューションであり、精度の高さに加えて多くの付加価値を提供します。このカメラは統合が非常に簡単で、複雑な技術の必要性を排除し、スピードという観点において新しい境地を開拓します。コスト効率およびプロセスの信頼性や比較的短いサイクル時間を保証すると同時に、ビン ピッキングなどの非常に複雑な要件にも対応可能です。標準化されたビンピッキング セルでこのステレオカメラを利用することで、Ensensoの利点を活用することができます。

現在Ensensoは、USB接続タイプが販売されており、まもなくGigE接続タイプも発売されます。このカメラは、非常にコンパクトな筐体にWVGA解像度を有する2つのグローバルシャッターCMOSセンサーと強力なソフトウェアだけでなく、赤外線パターン プロジェクターも組み込まれた、この市場において最初に登場したカメラです。 I

比較的単調な表面の部品をビンに配置する場合でも、更なる技術的努力なしにほぼシームレスで詳細な3D画像を生成することができます。このすべてが、わずか数ミリ秒で行われます。その結果、ロボット ビジョン アプリケーションは、短いサイクル時間、可用性およびコスト効率の要件の観点から「すべての基本要素をカバーする」ことができます。 Ensensoは箱から出してすぐに使用し、3次元データを配信できる状態になっています。

ビン ピッキングのソリューションに関する詳細なアプリケーション情報とビデオはwww.ids-imaging.de

戻る