認識ピックアップ、包装。

Ensenso 3D カメラを使ったビンピッキングアプリケーションで生産性を向上

Ensenso 3D カメラを使ったビンピッキングアプリケーションで生産性を向上
短いサイクルタイム、スクラップ量の減少、在庫量の最小化。未来の工場はネットワーク化が進み、経済性が重視されます。ここで重要な役割を果たすのが、産業用画像処理です。
 
ドイツを本拠地とする Pose Automation GmbH は、この分野での専門家です。このシステムインテグレーターは、マシンビジョンおよびロボット工学用のハイテクシステムを開発しています。その一例が獣医学向けのカテーテルを把持するビンピッキングアプリケーションで、Ensenso 3D カメラを搭載しています。
 

戻る