Ensenso 3D カメラによる発泡樹脂部品の正確なトリミング

製品活用例: 最終仕上げ

Ensenso 3D カメラを使ったビンピッキングアプリケーションで生産性を向上
自動車産業に携わる企業にとって、高品質と継続的な改善、無駄の削減、ミスの最小化を実現するために、OEM およびサプライヤーに課せられる条件は途方もなく広範です。
 
しかし、高い品質基準には、経済的な効率性が常に伴います。ヘッドレストおよびアームレストを製造する米国企業 Adient は、Ensenso 3D カメラを搭載した自動トリミングラインによって発泡樹脂製の小型部品製造のサイクル率と精度を向上しました。
 

戻る