安全の確保

爆発の危険がある現場で「ロボットの目」として働く IDS の産業用カメラ

爆発の危険がある現場で「ロボットの目」として働く IDS の産業用カメラ
風雨にさらされる過酷な環境、極端な暑さや寒さ、火災や爆発の危険。人間が入りたがらない環境での定期的または臨時の安全性チェックには、無人システムのロボットが使用されます。
 
ハルステレン (オランダ) を拠点とする ExRobotics B.V. は、この分野でトップクラスのエキスパートです。同社の製品は、人間の視覚、聴覚、嗅覚、触覚、そして手指の代わりになります。同社では IDS Imaging Development Systems GmbH の産業用カメラで画像処理を行っています。
 
検査ロボットの登場: 18 メガピクセルセンサー搭載の USB 3.0 UI-3591LE-C-HQ で前方を視認し、3.1 メガピクセル搭載の 2 台の USB 2.0 UI-1461LE-C-HQ カメラはナビゲーションを担当します。
 

戻る