自己学習型ロボットが Ensenso 3D カメラを利用して問題を解決

見て、保存して、学ぶ

自己学習型ロボットが Ensenso 3D カメラを利用して問題を解決

別の行動を試すことは、従来からの学習方法の 1 つです。私達は成功と失敗を繰り返すことで、どの動作を適用するか決め、学習します。この原則は、ロボットの世界にも適用できます。

Institute for Intelligent Process Automation and Robotics of the Karlsruhe Institute of Technology (KIT) では、ロボット学習グループ (ROLE) が機械学習のさまざまな面に集中的に取り組んでいます。科学者たちは、ロボットが独立的に試行を重ね、どのようにタスクの解決方法を学習するかを調査しています。Ensenso N10 3D カメラがロボットの「頭部」に直接取り付けられ、必要な画像データを提供します。

アプリケーションレポートの全文を読む >>

戻る