uEye LE ボードレベルカメラによる接着ビードのリアルタイム品質検査

安全に接続

uEye LE ボードレベルカメラによる接着ビードのリアルタイム品質検査
現代の自動車産業において、接着接合は重要な技術になりました。Industrieverband Klebstoffe e.V. (adhesives
industry association) によると、現代の自動車にはおよそ 15 ~ 18 kg の接着剤が含まれており、生産時にはいくつもの接着工程を経ています。接着接合は、溶接、ネジ止め、リベットに変わる新しい手法として、取り入れられることが増えています。その理由は簡単で、安全かつ経済的ということです。しかしそれを保証するには、接着剤やシーラントを高精度に塗布する必要があります。
 
フランスの企業 AKEOPLUS は、生産ライン上で直接リアルタイムで接着ビードをチェックする、AkeoBI センサーを開発しました。これにより、材料の堆積の品質が 100% 保証されます。
 

戻る