Ensenso ステレオ 3D カメラ搭載の高効率ロボットセル

完璧な補完機能

Ensenso ステレオ 3D カメラ搭載の高効率ロボットセル
ニュースレター用テキスト:グローバル化により、製品比較およびサプライサイクルが迅速化しています。ロボット工学市場では、小規模メーカーが市場リーダーに長期にわたって打ち勝つには、高度な技術力とニッチ市場でのイノベーションに賭けるしかありません。2D 画像処理がニッチではなくなってからもう長い時間が経過しています。状況は 3D セクターへと移行しています。
 
3D 画像処理ソリューションと 6 軸ロボットを組み合わせると、中小規模企業が市場での地位を固められる新たなチャンスが生まれます。ウィーン近郊のバーデンに本社を置く ALG Automatisierungslösungen GmbH は、この組み合わせを使用し、内蔵 Ensenso 3D カメラ搭載のビンピッキングロボットセルに活用しています。
 

戻る