自動車産業でのダイキャスト部品向け自動視覚検査システム

製品活用例: 欠陥のない鋳造コンポーネント

自動車産業でのダイキャスト部品向け自動視覚検査システム

自動車産業では、アルミニウムとマグネシウムの合金でできたダイキャスト部品の使用が増えています。車両の大幅な軽量化が実現するというのが利点です。欠陥ゼロの品質を最低限のコストで達成することが、必須の要件です。生産および加工の現場では特に、オートメーションは魔法の言葉です。

画像処理を内蔵した VisionTools Bildanalyse Systeme GmbH (ドイツ) のシステムは、Ensenso 3D カメラを使用してそれぞれの鋳造コンポーネントの形状を記録し、状態と完全性を検査します。

製品活用例の詳細を読む >>

戻る