リアルタイムの車体構造の自動品質管理

製品活用例: 欠陥にフォーカス

リアルタイムの車体構造の自動品質管理
車体構造における部品の品質管理では、寸法誤差の検出の精度が、生産プロセスの最適化に大きな影響を及ぼします。フランスの企業 Prodeo が開発した自動車産業用 CAMEO 画像処理システムは、この意味で頼りになります。画像の自動撮影、ファイル管理と保存、リアルタイムの画像処理と品質診断を実行します。
 
具体的な使用例として、車体製造における接着剤の手動でのビード状塗布に、IDS の USB 3 uEye ML 産業用カメラを使用しています。システムによって、誤差が最小化され、生産時間、コスト、製造リスクが削減されたため、品質保証が大幅に改善されました。
 

戻る