今 USB インターフェースに切り替える理由

IDS とともに歩む未来への道

IDS とともに歩む未来への道
USB 3.0 は、産業用途および非産業用途において、その重要性がますます高まっています。それにはもっともな理由があります。USB 3.0 は消費者の生活に溶け込んでおり、まもなく USB 3.1 もそうなります。USB3.0インターフェースの費用対効果がもっと高まり、産業環境であっても USB 2.0 から置き換わるでしょう。
 
USB の利点として、USB 3.0 カメラを PC に「プラグアンドプレイ」するだけで、マシンビジョンシステムを便利な方法で簡単にセットアップできます。照明などの外部デバイスを、電源を別に用意しなくても、カメラから直接操作できます。
 
USB 3.0 では、アクティブケーブルまたは光ファイバーケーブルを利用することで、技術的には最大 50 m のケーブル長が可能です。USB 3.0 の決め手となるもう 1 つの論拠は、非常に高い帯域幅です。特に、高解像度で高速な検査が要求される用途で効果的です。
 
最新の CMOS センサーのすべての利点を活用するには、USB 3.0 が必須です。
 

戻る