IDS GigE uEye CP 産業用カメラを搭載した韓国製チップセットロジック検査システム

GigE uEye CP 産業用カメラ: PoE 機能を搭載した産業用途向け小型電源

GigE uEye CP 産業用カメラ: PoE 機能を搭載した産業用途向け小型電源

砂は、建築現場、庭園、そして砂場に適した材料です。しかも、考えうる最も複雑な部品である、マイクロチップの原料でもあります。電子回路の中心的な部分として、スマートフォン、PC、多種多様な制御装置など、さまざまな場所で使われています。弊社の韓国における顧客であるBluetileLab Co. Ltd. は、さまざまな産業セクターにおけるマシンビジョン向けのカスタマイズしたソフトウェアソリューションを提供しています。長期にわたり、同社はチップセット検査用途に取り入れる適切なカメラを探していました。今年の「Automation World Show Seoul」において、BluetileLab のエンジニアはついに求めていた製品を見つけました。IDS の GigE uEye 5250CP 産業用カメラとアクセサリが、すべての条件を満たしていました。

チップ生産の現場では、非の打ちどころのない品質の製品を高速で大量に生産することが不可欠な条件です。同社が抱える一連の要件では、これまで設置されていたプローブセンサーを使用するシステムを置き換える、チップセット検査用途向けの完全なマシンビジョンソリューションが必要とされていました。外観検査への切り換えにより、スループットは大幅に向上します。正確には、カメラを使用することで、トレイ上のチップセットの位置合わせとチップセット上の特殊文字を検査できます。後者については、OCR (光学的文字認識) が重要な機能を実行します。通常の照明条件では、チップセット文字の読み取りは困難で、こうした用途には特殊なカメラ機能と照明テクニックを組み合わせる必要があります。

IDS なら、「とても簡単」になります。この難題に、IDS Gigabit Ethernet 産業用カメラ GigE uEye 5250CP と e2v 製高感度 2 メガピクセル CMOS センサーの組み合わせで挑みました。センサーは各種のシャッターモードを切り替えられるため、移動物や超低ノイズで高コントラストの鮮明な画像を撮影できます。

さらに、カメラは Windows XP をサポートします。これはカメラ選択に際して基本的な基準で、すぐに手に入ることや、レンズ、ケーブル、ライトなどの適切なアクセサリと同程度に重要です。

BluetileLab Co.Ltd., の CTO である Ko 博士は、この実りある協力体制に満足していると話しています。「IDS Korea がディストリビューターと協力して、弊社のプロジェクトに総合パッケージを提供してくれたことに非常に感謝しています。テスト済みの画像を含むターンキーソリューションを提案し、私たちはその成果に納得しました」

マイクロチップは文字通り、浜辺の砂のようなものです。障害を「ふるい分ける」には、信頼性の高い検査システムが欠かせません。コスト効果を高めるには、速度が肝要です。GigE uEye CP はどのような欠陥も見逃しません。

そのうえ、IDS は、ソフトウェア、アクセサリ、フィージビリティ分析などの包括的なコンサルティングを含めた、総合的なパッケージを提供します。もちろん、迅速に納品し、長期的に製品を提供します。ドイツの IDS 本社や韓国内のみならず、世界中のどこでもお客様をサポートします。ご要望がありましたら、お気軽にお申し付けください。

戻る