DKMS 企業登録キャンペーン – 模範として推奨

IDS社員が幹細胞ドナー登録

DKMS 企業登録キャンペーン – 模範として推奨
9 月、オーバーズルムの本社で IDS は血液がんと戦う DKMS 登録キャンペーンを実施しました。結果は誇るべきもので、その反応は主催者の期待を大きく上回るものでした。従業員の 15% 以上が提供の申し出を受け入れて、登録を行いました。
 
DKMS では、スタッフの 10 % が参加すれば成功だと評価しています。「すばらしいプロジェクトですが、もう登録済みです」は、登録の勧めに対してよく返ってきた言葉です。「そうしたかったんですが、動きが悪くて」という返事もありました。「一日一善といいますが、これが一善なんだ」と、あるドナーが多くの人々の思いを代弁します。ドイツでは 15 分に 1 人が血液がんに罹患するからです。多くの患者にとって、幹細胞移植は生き残るための唯一のチャンスですが、7 人に 1 人は適合するドナーを見つけられません。DKMS の目標はこの状況を変えることで、IDS はこれを全面的に支援します。準備も手間もいりません。
 
「口をあけてこするだけ。これでもうドナーです」。これがスローガンです。ぜひあなたも登録してみてください!
 
DKMS non-profit GmbH はドイツの非営利団体で、チュービンゲンを本拠地としています。主な活動分野は骨髄提供の支援で、白血病や、造血機能障害によるその他の生命にかかわる疾病に苦しむ患者の治療の可能性を広げようとしています。骨髄ドナーファイルは世界中に存在します。あなたの国でも幹細胞ドナーに登録する方法は確かににあるはずです。

戻る