組み込みビジョン作成キット

uEye Python インターフェースと OpenCV によるプロトタイプ開発

uEye Python インターフェースと OpenCV によるプロトタイプ開発
従来のマシンビジョンから組み込みビジョンへの発展は、急速に進んでいます。しかし、組み込みビジョンデバイスの開発には、長い時間と高いコストがかかります。とりわけ自社開発の場合、最初の成果が得られるまでに膨大な時間を失いかねません。
 
今では、すぐにテストに利用できる、適切な多数の組み込みコンポーネントが手に入ります。条件に適したソフトウェアソリューションと組み合わせると、ビジョンアプリケーションから最初の成果が瞬時に得られます。
 
IDS のテクニカルティップスでは、uEye カメラと Raspberry Pi 3 を使用して、シンプルな組み込みビジョンプリケーションを、ほんの数ステップで実装する方法を紹介します。

戻る