Ensenso XR:内蔵データ処理を搭載した 3D カメラ

マルチカメラシステムやその他の計算負荷の高い用途に最適

Ensenso XR:内蔵データ処理を搭載した 3D カメラ
Ensenso XR は FPGA でデータを処理する IDS 初の 3D カメラです。X シリーズと同じくモジュール型で、カメラから直接 3D データを提供します。新ファミリーの最初のモデルは XR30 と XR36 で、IP65/67 等級の保護を備え、1.6 MP Sony 製センサーを搭載しています。
 
カメラ自体で 3D データを計算するので、高性能の産業用 PC は不要になります。加工前のデータではなく、結果データを転送するので、ネットワーク上の負荷も大幅に減少します。特にマルチカメラシステムやその他の計算負荷の高い用途にとって、この機能はメリットになります。WiFi インターフェースを使って、オプションでワイヤレスデータ転送を利用できます。セットアップやメンテナンス手順、またはケーブル配線が困難または高コストの場合に便利です。
 
新モデルでは、動作距離 5 m までで、物体を検出できます。FlexView2 テクノロジーを XR36 で使用して、画像の細部まで正確かつ高速に撮影することができます。XR シリーズのデータレートは強力な Core i7 CPU に匹敵します。5 MP センサー搭載モデルの発売が 2019 年第 4 四半期に予定されています。
 

戻る