GigE のフルパワーをわずか 29x29x29 mm のボディに搭載

GigE uEye CP シリーズが次の開発段階へ

GigE のフルパワーをわずか 29x29x29 mm のボディに搭載
小型、パワフル、汎用: 第 2 世代の GigE uEye CP には Sony、 e2v、CMOSIS、ON Semiconductor の CMOS センサーが搭載されているので、従来のマシンビジョン用途に活躍します。
 
新しいカメラシリーズには、GigE のフル速度、ケーブル 1 本で最大 100 メートルまで対応する Power over Ethernet (PoE)、ねじ止め式コネクター、塵埃から保護する独自のフィルターコンセプト、トリガー/フラッシュおよび GPIO、カメラ内での画像のプリプロセス、内蔵画像メモリという特長があり、コンパクトサイズなので統合が容易です。IDS では長期供給を保証し、産業用途の新たな基準となるシリーズです。
 
最初のシリーズには 2.3 MP Sony IMX249 グローバルシャッター CMOS センサーが搭載されています。今後のカメラモデルには
Sony IMX265 (3.2 MP)、Sony IMX178 (6.4 MP)、ON Semiconductor PYTHON 500 (VGA)、PYTHON 1300 (1.3 MP)、CMOSIS CMV4000 (4.2 MP) が搭載されます。
 
数量限定のエンジニアリングサンプルの発売を12月に予定しており、IDS Software Suite または GigE Vision サポートが付属します。
 
弊社営業チームに問い合わせる。

戻る