新しい GigE Vision モデルと拡張機能

GigE Vision ファームウェアリリース

GigE Vision ファームウェアリリース
新しいファームウェアリリースバージョン 1.3 では、GigE Vision に対応するすべての IDS カメラ向けの多数の便利な新機能を搭載しています。たとえば、自動露出、オートゲイン、サブサンプリング、ブラックレベル、LUT、ガンマなどです。
 
新たな標準ピクセル形式と新しい帯域幅管理によって、機能が強化されました。使用できる帯域幅をマルチカメラシステムで簡単に管理します(後続のテクニカルティップスをお読みください)。
 
今回のファームウェアリリースと同時に、コンパクトな uEye CP Rev. 2、汎用性のある uEye SE、極めて頑丈な uEye FA カメラファミリーの新しい GigE Vision モデルが多数発表され、Sony、ON Semiconductor、e2v 製の CMOS センサーが搭載されています。
 
今後、GigE Vision 対応のすべての IDS カメラにはファームウェアリリース 1.3 が搭載されます。既存の IDS GigE Vision カメラをお使いのお客様は、新しいアップデートユーティリティを使用してファームウェアをアップグレードできます。
 

戻る