IDS がアジアでの認知度を強化

Haruka Izumi が日本の IDS 営業チームを拡大

Haruka Izumi が日本の IDS 営業チームを拡大
まもなく Haruka Izumi が日本での営業チームを拡大します。これは、アジア各国での IDS カメラ需要の増大に対応するものです。Haruka Izumi は 日本セールスマネージャーとして、お客様に充実した現地サポートを直接提供します。
 
「アジアでは、IDS は多岐にわたる製品群を備えた重要なカメラメーカーという認識が高まっています。Haruka Izumi を uEye カメラ、Ensenso 3D カメラ、IDS NXT の直接窓口として据えることで、この市場に注力できます」と、国際営業部長の Marian Petrovic は言います。「彼と働けることを楽しみにしています。彼のサポートがあれば、お客様の要望に対応しやすくなります」
 
Haruka Izumi は慶応大学商学部を卒業し、数年間の電子機器販売の経験があります。
 
広範な知識を活かして、お客様にビジョン市場における最適なユーザーエクスペリエンスを提供します。これこそ、IDS の社としてのモットーです。

連絡先情報 >>

 

戻る