フレームグラバーから USB 3.1 インターフェース搭載産業用カメラまで: IDS の 20 年の歩み

ビジョン市場で 20 年間、好業績を維持

フレームグラバーから USB 3.1 インターフェース搭載産業用カメラまで: IDS の 20 年の歩み
2017 年は IDS にとって特別な年です。Jürgen Hartmann が 1997 年に、当時のビジネスパートナーである, Armin Vogt と共同で会社を設立しました。二人は同じビジョンを共有していました。今年、私たちは創立 20 周年を迎えました。今では従業員は 220 名に上り、優れたチームとなっています。その大部分はオーバーズルムのドイツ本社に勤務していますが、世界中の 4 つの子会社と 3 つの支店にも配置されています。
 
弊社の最初の製品は、20 年前に発売された FALCON フレームグラバー PC カードでした。現在、毎年およそ 150,000 台の産業用カメラを販売し、業界最大規模のメーカーおよび市場リーダーへと発展しました。こうした成功を収められたのは、勇気と、適応する能力のおかげです。アナログフレームグラバーから産業用デジタルカメラへの転換だけを取り上げているのではありません。USB インターフェースの使用をいち早く導入したことや、CMOS センサー導入の早期決定も成功要因です。
 
もちろん、ユーザー、パートナー各社、お客様の存在がなければ、この業績は成し遂げられませんでした。お客様からのご提案やご意見が、新製品開発の原動力となっています。記念となる今年は、この事実は以前にも増して重みを帯びています。デジタル化によって新たなチャンスが生まれていますが、同時に課題も増えているからです。「次の変革のステップを実現する具体的なアイデアについて、全力で取り組んでいます」と Jürgen Hartmann は述べています。私たちは常にビジョンに対して真摯に取り組み、ビジョン市場で最高レベルのユーザーエクスペリエンスを実現するよう尽力していきます。

戻る