業界平均をはるかに上回る売上増加

平均を上回る 2018 年の成果

経営陣: Daniel Seiler, Jürgen Hartmann
IDS Imaging Development Systems GmbH の売上増加率は、2018 年も平均をおよそ 20 % 上回っています。売上増加は特にアジアでは約 50 % と堅調ですが、米国とヨーロッパでも約 20 % の成長を記録しました。「新たな支店への投資は回収されつつあります」と、IDS の創立者でオーナーの Jürgen Hartmann は説明します。「今や、国外で売上の 50 % 以上を達成しています」USB 3.0 および USB 3.1 インターフェース搭載のカメラは、中でもベストセラーです。
 
受注の堅実な増加 (24 %) に加え、産業用カメラのアプリとしての人工知能に関連して発表された製品イノベーションや、3D アプリケーションとロボットビジョンの新奇性に対して強い関心が寄せられていることから、引き続き展望はポジティブです。
 
さらなる成長を見越して、まずオーバーズルムの拠点で、在庫保管とオーダーピッキングの自動システムへの投資が計画されています。従業員数の大幅な増員も計画されています。2019 年には、合計 60 件ほどの求人が募集されます。新しいイノベーションとテクノロジーのセンターはおよそ 4,500 平方メートルで、200 台のオフィスワークステーションが追加されます。公式な起工式は、第 2 四半期に行われます。取締役社長として Jürgen Hartmann は次のように締めくくります。「従来の開発に加えて、新しい革新的なテクノロジーに関連するテーマに、今よりももっと集中したいと考えています」

戻る