バージョン IDS ソフトウェアスイート 4.82 がダウンロード可能に

新しいモデル、機能、USB Power Delivery をサポート

IDS Software Suite version 4.82
最新の IDS Software Suite 4.82 Web サイトに公開され、無料でダウンロードできるようになりました。IDS のすべての USB および GigE 産業用カメラ向けのドライバーパッケージが利用可能になりました。さまざまな追加機能に加えて、USB Type-C コネクター搭載の新しい uEye LE USB 3.1 Gen 1 産業用カメラに対して USB Power Delivery (PD) をサポートします。
 
すべての IDS カメラ向けの重要な新機能として、適応型ホットピクセル補正 (カメラ温度の上昇に伴うホットピクセルを操作中に補正可能) とシーケンサーモード (異なるパラメーターを持つ一連の画像を、事前設定された非常に短い時間内に撮影する用途に便利) が導入されました。
 
もう 1 つの新機能は、さまざまな USB カメラモデル向けのニーポイント付き HDR モードです。ニーポイントモードでは、露出時間が区分に分割されます。各区分で、過剰に明るいピクセル値が制限値に抑えられ、短時間の後露光を行います。これにより、露出過剰を防止し、ダイナミクスを増加します。
 
 
最新の IDS Software Suite リリースは、Windows オペレーティングシステム 7、8、10。Software Development Kit (SDK) は 16 か国語に対応しています。

戻る