IDS Vision Suite で GigE Vision カメラの評価とセットアップをすばやく簡単に実行

Windows および Linux 向け新機能

IDS Vision Suite で GigE Vision カメラの評価とセットアップをすばやく簡単に実行

産業用カメラメーカー IDS が提供する Vision Suite 1.0 は、GigE Vision カメラの評価とセットアップをすばやく簡単に実行するためのソフトウェアサポートを完備しています。ソフトウェアパッケージに付属のグラフィカルユーザーインターフェースを使用すると、接続したカメラをすばやくテストでき、コードのプログラミングはまったく不要です。さまざまなツールも付属しており、複数のカメラを含む構成を自動化する場合などに使用できます。Vision Suite はすべての 64 ビット Windows および Linux オペレーティングシステムに対応し、弊社 Web サイトから無償でダウンロードできます。

Vision Suite には、Vision Cockpit、各種のコマンドラインツール、GenTL Producer が含まれています。Vision Cockpit を使用して、接続されたカメラの IP アドレスの照会や設定などの処理を実行できます。カメラのプロパティを GenICam SFNC (Standard Feature Naming Convention) に従って Beginner (初心者)、Expert (上級者)、Guru (熟練者) の各カテゴリに分類して設定し、フレームレートや露出時間などの設定を選択することもできます。

コマンドラインツールの利点は、スクリプトを利用して自動化できることや、グラフィカルユーザーインターフェースのないシステムで利用できることです。

GenTL Producer を使用して、アプリケーション自体から、または GenICam インターフェースを介して任意のサードパーティプログラムからカメラにアクセスできます。このとき、ソフトウェア自体が GigE Vision 規格をサポートしていなくても、問題ありません。

Vision Suite によって、産業用カメラメーカー IDS の GigE Vision ソリューション製品が拡大されます。また、GigE uEye CP および GigE uEye FA シリーズは、GigE Vision ファームウェアを搭載したカメラ製品を提供します。

戻る