日本駐在所

IDS office in Japan

現在、当社では世界 30 か国以上に製品を取扱うビジネスパートナーを有しています。日本オフィスではアジア・太平洋地域におけるパートナーのサポートを行いやすくし、更に関係を強化することを目的としています。

クリスチャン・ファン・デア・プレークは、このポジションに就くために私どもに入社した人材です。ドイツのケルンに生まれた彼は日本学を学んでおり、数年間におよぶ日本滞在経験もあります。前職はビジネスコンサルタント会社勤務で、アジア企業との業務に携わった経験も豊富です。彼は今後 IDS 本社での研修を経てのち、販売および技術面での問い合わせに応じる担当者として勤務いたします。

企業の拡大について、「日本はドイツ、アメリカに次ぐ画像処理の最大マーケットなので、アジア地域でビジネスを成長させるにあたっては駐在所を東京に置くことが大切なステップとなります。」と当社の最高経営責任者であるトルステン・ウィージンガーは説明しています。

すべての駐在所を完全に支店化する計画もすでに立てられています。ウィージンガーは「営業やサポートスタッフを増やして、現地での成長をさらに強化するつもりです。」と今後についても語っています。

戻る