IDS が日本での認知度を強化

日本とオセアニアに新任のセールスディレクター

IDS が日本での認知度を強化

早速、Kazushi Iwamuro がアジアでのチームを拡大しました。日本とオセアニア担当のセールスディレクターとして、当地の市場での事業拡大を指揮します。これは、戦略的に重要性が高い日本での IDS カメラ需要の増大に対応するものです。

IDS グローバルセールス責任者の Daniel Otto は、今回の任命について次のように述べています。「Kazushi Iwamuro は業界の専門知識を活用して、システムインテグレーターとしての地位を固めつつある日本のディストリビュータとの良好な業務関係を開発していくでしょう。また、戦略的に重要な顧客をサポートし、この分野での成長をさらに拡大していきます」

Kazushi Iwamuro はオーストラリアの Deakin University を卒業し、多様な業界向けの機械関連企業で数年の経験を積みました。広範な知識を活かして、お客様にビジョン市場における最適なユーザーエクスペリエンスを提供します。これこそ、IDS の社としてのモットーです。

日本のチーム

Haruka Izumi、エリアセールスマネージャー (日本)
Kyosuke Sakamoto、APAC 地域担当アプリケーションコンサルタント
Noriko Yoshida、日本およびオセアニア担当インサイドセールススペシャリスト
Damien Wang、APAC南東担当エリアセールスマネージャー
 

戻る