uEye SE によるラボオートメーション

スループットの向上

uEye SE によるラボオートメーション
ラボには、科学的な結果をこれまでよりも速く、簡単に出すことが求められています。しかも、コストと人件費の削減も要求されています。
 
自動化ソリューションのニーズは増大し、検体数が増加を続ける中でも、処理時間の短縮化が求められる状況で、ロボットベースの分析が生体分析テクノロジーにおいて注目を集めるようになっています。ハイスループットプロセスの自動化についても、この傾向にあります。これは、大量の検体が特定の基準について系統的に試験される、分析手法です。Karlsruhe Institute for Technology (KIT) は、単調な手作業を実行する、モジュール型ラボロボットシステムを開発しました。従来人間が行っていた検出と分析を、IDS の産業用カメラと LabView および最新式のマシンビジョンテクノロジーを組み合わせて実行します。

戻る