IDS カメラによる発見の旅

ハイルブロンの experimenta での鮮やかな知識転移

ハイルブロンの experimenta での鮮やかな知識転移
Image source: experimenta gGmbH

ドイツ最大の科学センターがハイルブロンにあります。2019 年 4 月以来、experimenta ではおよそ 25,000 平方メートルの会場で、3 つの展示会場において約 275 点の展示を公開しています。シンプルなものからより高度なものまで、多彩な展示品が開発されており、来館者は科学技術をあらゆる感覚を使って体験できます。IDS Imaging Development Systems GmbH は experimenta のパートナーとして、ドイツ・オーバーズルムの拠点からカメラを 7 つの展示品に組み込み、画期的で驚くような発見につなげています。

「来館者は、心に訴えかけるデザインで、普段は体験できない展示品に刺激を受け、科学技術のテーマをインタラクティブに体験します。最先端の研究に対する疑問だけでなく、日常生活での疑問にも目を向けてほしいのです」と、experimenta の管理責任者 Wolfgang Hansch 博士は展示方針を説明しています。同科学センターでは、実験、知識、イノベーションを特別な方法で表現しようとしています。これを実現したのが、Discoverer Worlds、Experience Worlds、Researcher Worlds という 3 種類の展示エリアでの、常識に捕らわれないコンセプトです。Discoverer Worlds では、何気ない小さなことに大きな発見が潜んでいることを、各種の IDS カメラを利用してさまざまな方法で確認します。

たとえば「KopfSachen」(世界を認識する方法を見つける) は、人間が環境をどのように認識するかを、「Pushing Machine」に IDS カメラを使用した例で描写して示します。オーバーズルムからのカメラは、「ForscherLand」(冒険の世界に浸る) にも使われています。10 才までの子供たちは、スローモーションや小型のカーレースで、実験を楽しめます。「ハリケーン実験」や自然観察など、「Weltblick」(科学による生活の変化を理解する) フロアでは、自然現象を最新のカメラ技術の力を借りて観察します。カメラについては、「調査と執筆」のテーマでイノベーションが展示されています。「Greenbox」にある「Newspaper Editorial Office」の 3 台のレイアウト端末で、来館者は自分が編集者となり、IDS の最新の開発成果を直感的に使用できます。アプリベースの画像処理搭載の IDS NXT vegas が設置され、柔軟な個別の機能を実現します。

この方法で、experimenta では、大人から子供まですべての人々が IDS のカメラ技術を利用して、現在の科学的な研究結果を具体的に理解できます。

詳細は experimenta の Web サイトをご覧ください >>

戻る