ローリングシャッターセンサー搭載の IDS カメラ

コスト効果を高める方法

ローリングシャッターセンサー搭載の IDS カメラ
現在のローリングシャッター CMOS センサーは、第 1 世代のセンサーよりもはるかに高速になっています。
 
適切に設定すると、移動する物体を扱う多くの用途で、グローバルシャッターセンサーよりも優れたコスト効果を発揮します。たとえば、交通監視でのナンバープレート認識、品質保証での試料の位置決め、食品業界での果物や野菜の仕分けなどです。さらに、Sony の STARVIS シリーズのセンサーである IMX178 と IMX290 は、数々の卓越した性能データと機能を備えており、自信を持ってお勧めできる魅力ある IDS カメラです。
 
 

戻る