IDS が韓国での存在感を強化

韓国での IDS 子会社の設立

Jake Choi, director IDS Imaging Development Systems Korea Ltd.
2018 9 月より、IDS Imaging Development Systems GmbH は韓国に子会社を設立します。これは、産業用デジタルカメラの大手メーカーとして、現地での画像処理市場を重視しているという姿勢の現れです。
 
2015 年に開設された販売店から支社まで、大きな発展であると同時に、市場条件を考慮すると論理的な結果でもあります。韓国市場は産業用画像処理のターンキーソリューションにおいて高い潜在的需要を有しており、半導体業界、自動車業界、ディスプレイ製造、医療技術など、多数の著名な国際的ユーザーが拠点を構えています。
 
「韓国に完全子会社を設立することで、この重要な市場での当社の認知度を高めて、お客様に安全性、信頼性、強度をお届けしたいと考えています」と、IDS の APAC 担当ディレクター、Christian van der Ploeg は強調します。
 
Jake Choi が新しい IDS Imaging Development Systems Korea Ltd を指揮し、韓国でのビジネスを担当します。
 
Choi はマシンビジョンにおける広範な経験を有し、市場開発および顧客ニーズを深く理解しています。彼は韓国市場の継続的な開発を目指しています。「当社の支社への投資は、事務所スペースの倍増を伴い、IDS が持つ韓国市場に対する戦略的な重要性を示しています」と Choi は説明します。
 
韓国における新子会社に加えて、IDS は米国、日本、英国にも支社があり、フランスとオランダに 2 つの販売店を構えています。

戻る