成功事例: 火星探査計画

USB 2 uEye XS で厳しい条件でも完璧な画像を撮影
火星は、本当に生命のない環境なのでしょうか。それとも、地球上の何らかの生物がこの過酷な環境でも生存できるのでしょうか。この疑問に、ドイツ航空宇宙センター (DLR) の科学者が答えが出そうとしています。
 
「火星に似た状況で、地球上の生物が代謝プロセスや成長を遂げられるか、確認しようとしています」と、DLR の科学者、Andreas Lorek 博士は語ります。弊社の USB 2 uEye XS はこのミッションの一端を担います。オートフォーカスカメラは、実験の評価や文書化をサポートし、過酷な環境でも完璧な画像を実現します。

戻る