拡張された 3D ビジョン

IDS が 3D カメラデータの操作をシンプル化

拡張された 3D ビジョン
3D カメラデータによる環境認識により、以前は人間でしかなしえなかった、多数の画期的な適用事例が実現しました。このため、ロボットは人間と同じような方法で物体を認識し、さまざまな状況に自律的に対応できるようになりました。寸法や作業場での位置に加えて、基準とする物体と比較した差異や欠陥について正確な判断を下すこともできます。
 
システムインテグレータや開発者が新しい Ensenso SDK 2.2 と新しい 5 MP カメラモデルを使うと、3D データの操作が簡単になることを紹介します。「ビンピッキング」などの困難な作業でも、ロボットビジョン用途の品質、サイクルレートと経済性、迅速な可用性に対する需要に対応できるようになりました。

戻る