産業用カメラの概念を一新

Vision 準拠の機能とユーザーがプログラミングしたアプリケーションを産業用カメラに統合

Vision 準拠の機能とユーザーがプログラミングしたアプリケーションを産業用カメラに統合
産業用カメラの機能セットは絶えず進化しています。ユーザーはこのような機能を自分でインポートできますが、メーカー提供の機能を変更することはできません。そこで IDS が解決策を提案します。
 
ビジョンアプリベースの IDS NXT コンセプトによって、画像取得と画像処理を Vision 準拠で「エッジ」上で実現できるようになりました。これらの新しいカメラデバイスは、ただ画像提供ツールとして機能するだけではなく、完全に独立して機能したり、個々の前処理で接続された PC をサポートしたりすることができます。事前トレーニングしたニューラルネットワークで、複雑な推論タスクも可能です。Smart GenICam Vision アプリを使用すると、ユーザーがカメラ処理タスクをあらゆる GenICam 準拠のアプリケーション対応にすることが非常に簡単になります。
 

戻る