簡単、無制限、標準準拠

本来の形のソフトウェア開発

本来の形のソフトウェア開発

現在、マシンビジョンアプリケーションを開発するなら、EMVA の汎用インターフェース規格 GenICam を避けて通ることはできません。

現在では、さまざまなメーカーからのカメラを標準化して使用すると、多数の統合プロセスやビジョンアプリケーションの起動が簡単になり、カメラのハードウェアをユーザーが容易に交換できます。メーカーがパッケージを開発する余地やニーズはもうないのでしょうか?GenICam は、標準準拠のマシンビジョンアプリケーションを開発する最適なインターフェースとして確立されているのではないのでしょうか?

IDS peak が標準化の利点を損なわずに GenTL および GenAPI を置き換える便利な手段であることをご確認ください。

戻る